イメージ画像

薬剤師求人−紹介予定派遣の薬剤師から正社員へ−

トップ画像

薬剤師の紹介予定派遣の仕事は、今後も増えていく事が予想されています。実際に働いた後に正社員として雇用される事になるため、派遣の方としても、実際の職場の雰囲気を分かった上で入社できるので、その後の定着率も良いという事が言われています。

紹介予定派遣の仕事を紹介して貰う際は、紹介先の企業が面接を行う事が許されています。そのため、中途採用とも似た部分もあり、ある程度の面接の練習なども準備しておく必要があります。
パート薬剤師の求人サイトのオススメは?

流れとしては、まずは派遣会社に登録をします。登録するとキャリアコンサルタントの方が仕事の希望について聞いてくるため、どのような形で働きたいか、仕事の内容などの希望を伝えます。ここで今後は正社員としての仕事も検討しているという事を伝えましょう。

そうするとコンサルタントの方があなたの希望に合わせた仕事を紹介してくれます。あなたが了承すれば、派遣先の企業に紹介となりますが、その前に面接が行われます。多くの場合は、派遣会社の営業担当の方が同行して派遣先の企業に出向き、面接を行います。
日本赤十字社 鹿児島赤十字病院

条件面などの確認もここで行われます。面接で合格となったら仕事が開始されます。この時点ではまだ派遣社員として仕事をする事になり、最大で6ヶ月間、派遣として仕事を行います。

この中で企業側からも仕事ぶりが判断され、また、派遣社員の方も、職場の雰囲気などを掴むようにしておきます。お互いが、より良い仕事のためにジャッジをする期間です。

最大6か月の派遣期間となっていますが、実際はもっと早く正社員としての雇用がスタートする場合も多くあり、中には1〜2か月ほどで派遣期間が終了するという場合もあります。

場合によっては再度の面接などが行われて、双方が合意すれば、正式な正社員としての採用となります。この場合は派遣会社との契約も切れ、派遣先の企業の社員となります。後は派遣先の企業、派遣会社との細かな手続きを済まして、正社員としての仕事がスタートとなります。

派遣薬剤師として働く

薬剤師の働き方として、派遣という形を選択している方もいます。 派遣にはメリットもあればデメリットもあるので、それぞれについてよく理解した上で検討してみると良いですね。

大きなメリットといえるのが、仕事の拘束時間が短いということです。 小さな子供がいる、親の介護をしているなどの理由で長時間働けなかったり、残業したくないという方も派遣ならば要望が通りやすいのが魅力です。

また、就職を検討している職場があるものの、まずは派遣として雰囲気を知りたいという方もいるでしょう。

正式に就職した際には、仮に自分の想像と違っていた職場だったとしてもすぐに辞めることは難しいですよね。 先に派遣として仕事に触れておけば、自分の理想通りの職場であるのか正確に判断できます。

派遣としてどのように働くかというのは、派遣会社との契約の仕方によって変わってくるでしょう。 派遣の魅力として拘束時間が短いとご紹介しましたが、契約の仕方によってはフルタイムで働くことも可能です。

逆に、週に○日のみ、○曜日のみといった働き方も不可能ではないので、自分の希望に沿った働き方ができるように派遣会社に相談してみると良いでしょう。

また、薬剤師が転職をする理由として人間関係の問題も多いのですが、派遣という働き方は職場の人とを深く接する働き方ではないため、人間関係の問題も起きにくいのが魅力です。

前の職場では人間関係の負担が大きくて辞めてしまったという方も派遣で働き始めてみると良いですね。

デメリットとしては、契約期間が決められているということが挙げられます。 期間終了後にお互い再契約を希望するのであれば良いのですが、こちらが継続を希望しても職場側から断られてしまう可能性もあります。

また、どうしても正社員に比べると不安が残る契約方法でもあるため、ただの派遣社員ではなく紹介予定派遣という働き方を検討してみるのも良いでしょう。

これは、派遣として3ヶ月ほど働いた後に雇用者と労働者がどちらも継続を希望した場合に正社員として雇ってもらえるという働き方です。

将来的には正社員や目指しているという方もこちらの方法を取り入れている職場を探してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ